【R6S】シージの重要課題と対応について(2020/4/24)

2020年4月24日にシージの課題と対応について公表されました。
下記に日本語訳を載せています。
自己解釈により文面をわかりやすく変えているところもあります。
正確な情報を知るためにもUBI公式サイトをご確認ください。

主な問題

ハッキング、不正行為、ロビーフリーズ(ロビークラッシュ)など、最近、不正行為に関する言及やプレイヤーからの報告が増加していることがわかりました。

私たちはゲームでの不正行為を容認せず、不正行為への不満に対処し、レインボーシックスシージの競争力を維持するために複数の戦略に取り組んでいます。

以下は、短期的に取り組んでいる課題に対して共有できるいくつかの内容です。

ロビーフリーズ

概要

ゲームを妨害して有利にしようとするロビーのフリーザーの発生率が増加しています。 ロビーフリーザーを適切に監視し、正確に追跡できるようにするアップデートをリリースします。

方針

更新により、ロビーの凍結を正確に追跡および識別するために使用する必要なデータポイントを収集できます。将来のアップデートでは、このデータを使用してロビー冷凍庫を自動的に検出してキックします。

これは現在進行中。

BATTLE EYE自動データ更新

概要

不正行為に関する言及やプレーヤーレポートの増加により、R6とBattlEyeの間の連携を強化しています。

方針

自動化されたプロセスを実装し、データ共有を強化することで、BattlEyeとのコラボレーションを強化し、禁止されたプレイヤーのフィードバックループを短縮します。

継続中

ランクの増加+チャンピオンのランクの要件

概要

ランクとチャンピオンランクの要件を増やします。

方針

ランクとチャンピオンランクの適切な評価を促進するために、より高度なセキュリティによって、不正なアカウントからのアクセス防ぎます。
Y5S2を目標に対応中。S2に近くなったらより詳細な内容を提示する。

PVEのデイリーレベルXPキャップ

概要

不正なアカウントがランク付けされた要件にアクセスできないようにするための防止策として、PvEからの毎日のレベルグラインドキャップ。

方針

私たちの目標は、PvEで獲得できる1日のXPを制限することにより、ボットやスマーフがランクにアクセスしにくくすることです。これにより、ボットやスマーフをランク付けする前に、ボットやスマーフを見つけてキャッチすることが容易になります。

出来るだけ早い解決を目指して対応中。

既知のバグ・問題

意図しないABANDON制裁のバグ

概要

マッチメイキングフローでエラーが見つかりました。マッチが見つかったためにランクキューから出た場合、プレーヤーは放棄制裁を受けることになります。プレーヤーは、すでに取り消されたときに、すでに試合に出ているものとして処理されていました。

方針

放棄のペナルティ警告メッセージをより早く表示でき、ペナルティシステムが効果的に適用される時間と一致するように、ゲームフローが変更されます。

Y5S2で修正予定

ランク付けされたゲームのバグの開始時に不完全なチーム

概要

マッチメイキングフローでエラーが見つかりました。マッチが見つかったときにプレーヤーがランクキューから出た場合、不完全なチームでマッチが開始されていました。これらのプレーヤーは、すでに取り消されたときにすでに対戦中として処理されていたため、不完全なチームでゲームが開始されていました。

方針

解決策の一部は、放棄制裁警告メッセージポップアップが表示されたときに修正して、プレーヤーがすでに試合に参加したことを警告し、退場を阻止することです。また、チームが不完全な状況(これは後でY5S2のPC TSで行われる)の条件下で、プレーヤーがゲームの初期段階でマッチをキャンセルできるようにするマッチキャンセル機能にも取り組んでいます。

Y5S2で修正予定

バトルパス「近日公開」のコミュニティのバグを完了

概要

チャレンジが終了すると、過去に完了したコミュニティチャレンジがバトルパスメニューに「近日公開」と表示されます。これは単純に視覚的なバグです。
Y5S2で修正予定

MMRロールバックポップアップバグ

概要

不正行為者が禁止された後にプレイヤーにMMRロールバックを通知するポップアップで、誤った値が表示されます。これは純粋に視覚的なバグです。

Y5S3で修正予定。これは現在調査中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です