【スマホ版】アズールレーン・リセマラは必須ではない【攻略】

「アズールレーン クロスウェーブ」が好評の中、色んな絵師の方々がアズールレーンのキャラクターを描いていて気になって、スマホ版のアズールレーンを今更ながらはじめてみました。

やってみて思ったことは1つ。

リセマラは必ずしも必須ではない。

リセマラについて

スマホゲームやるにあたり、最初にやるのはリセマラです。
今回のアズールレーンについても、最初はリセマラから行いました。

アズレンにおけるリセマラはチュートリアル終了後の「建造」です。
キャンペーンなどの状況によりますが、チュートリアル終了後、自分の場合3回の建造が行えました。
艦隊編成後「出撃」することで、さらに数回「建造」が行えますが、リセマラをやることを考えれば「建造」回数としてはとても少なく感じますし、チュートリアルもなかなか長くリセマラをするには根気が必要でした。

リセマラは必須ではない

本当に欲しい艦があるのであれば、根気よく進めてもいいと思います。
そんな時に、これは捨てがたいと思う艦が出てきたときに、リセマラを続けるかどうか悩むところです。

妥協しようと思ってゲームを始めてみてもそれはそれで正解です。
なぜならアズレンは普通に遊んでいれば、1日3回は「建造」が普通に行えます。

期間限定で排出率が上がっているような場合であれば、長いチュートリアルを行ってリセマラを続ける時間と労力を考えたら、妥協できる艦が出てきたら、ゲームをプレイしていっても良いです。

自分は「ザラ」をリセマラで引いたときに、本狙いのキャラクターではなかったのですが、妥協してゲームを始めました。
引きの善し悪しはあれど、リセマラ以降SSRも手に入れることができました。

また「プリンツ・オイゲン」に関しては継続ログインの最終報酬として手に入れる事ができました。

こうやってみていくと他のスマホゲームよりかは良心的な印象があります。

ガチャ以外で入手できるレアキャラ

リセマラは「建造」によって手に入るキャラを対象に行いますが、アズレンではそれ以外で入手できるキャラもたくさんいて、評価として高いキャラには、「建造」以外で入手するキャラも多くいます。

改造・近代化改修

特定の条件を満たすことで、キャラのステータスやレアリティを挙げる改造・近代化改修を行うことができます。
改造するためには資金やアイテムが必要になってくるため、早々にゲームをプレイして先を進めるほうが時間の無駄にならない可能性が高くなります。
最初に選択できる秘書艦として選択できる綾波も、近代化改修したものは最高ランクで評価されています。

開発ドックの利用

メイン画面の「研究」ボタンから利用できるコンテンツです。
最近実装された新機能らしく、こちらも指揮官レベルを30以上で解放されます。

ここでしか開発できない強力な艦がたくさんあります

最強キャラは絶対にガチャからしか入手できないなんてことは無いのが、このアズレンなのかなと思います。

まとめ

以上のことから、結論として「リセマラは必須ではない」という話をしてきました。
自分がリセマラで良いキャラ出すまでゲームをはじめない!という人間なので、リセマラに時間をかけてしまいましたが、それよりもさっさとゲームを始めてレベル上げたり、演習や研究なんかを進めていったほうが、ゲームとして楽しくなります。

何より通常「建造」でSSRが出てきたときにもテンションが上がりますし、毎日「建造」できるわけですから、焦らず楽しみながら色んなキャラを育てていくのが良いと思います。

それではまた。