【おすすめ】DEAD OR ALIVE6【格闘ゲーム】

DEAD OR ALIVEという格闘ゲームをご存知でしょうか?
DEAD OR ALIVE6が発売して、もう少しで1ヶ月が経とうとしています。
Amazonでの評価が著しく低くなってしまった格闘ゲームですが、今回は少しでもこのDEAD OR ALIVE6の魅力についてお伝えできればと思います。

DEAD OR ALIVEとは

DEAD OR ALIVE(略してDOA)とは、格闘ゲームがひしめき合う1996年に当時ブームになりつつあった3D対戦格闘ゲームとして登場しました。

DOAが他の格ゲーとして異なっていたのが下記の2つの要素です。

  • 三すくみ
  • デンジャーゾーン

三すくみ

DOAは、打撃・投げ・ホールドから構成される三すくみの原理を利用した新しい格闘ゲームとなっています。

打撃・投げ・ホールドから構成される三すくみの原理は以下のようになっています。

打撃は投げに強く、投げはホールドに強く、ホールドは打撃に強い

入力が同時発生した場合、上記の優先順位で優劣が決定します。

ホールドは所謂「当身」にあたる技になりますが、基本的な操作として全キャラクターが使用できるというのが特徴的です。
※ホールドにも種類が様々ありますが、ここでは基本的なホールドのみのご紹介とします

このホールドが存在するために、強いキャラクターを使ったり、ワンパターンな攻撃を繰り返していても、ホールドによって形勢逆転が起こり得るようになりました。
これによって、単にコンボを繋げるだけで勝てるわけではなく、あえてコンボを途切れさせる、攻撃パターンを変えていくなどプレイヤー同士の読み合いが、より顕著に表れるゲームとなりました。



相手の打撃に上手く合わせられると…



打撃を受け止め…



反撃!!

この読みが当たると気持ちが良いです!

デンジャーゾーン

DOAの特徴の一つに、ステージ上にダメージが発生するギミックが存在するという点です。
コンボによって、壁やギミックに相手をたたきつけることによって、それらのギミックからの追加ダメージ、あるいは空中へのバウンドが発生して、相手を宙に浮かせた状態でコンボを繋げることが出来るようになっています。



ステージによっては相手を叩きつけると…



最初のフィールドの枠を突き抜けて…



落下ダメージを受けながら転がり…



新しいフィールドへ!

初心者でも勝てる要素がある格闘ゲーム

DOAでは他の格闘ゲームと異なり、「ホールド」「デンジャーゾーン」の2つのシステムが存在することによって、これらの要素がうまく自分に有利に噛み合えば初心者でも形勢逆転のチャンスをつかみやすいゲームとなっています。

既存プレイヤーも油断すれば一気に不利になる可能性が高くなるので、最後まで勝敗がどうなるかわからない面白いゲームになっています。

格闘ゲームとしても十分に質の高いゲーム

運要素も絡んでくるとはいえ、差し合いの面白さはプレイヤー側も見ている側も手に汗握るものがあります。

さらにDOA6は2019年3月下旬時点で発売からまだ1か月も経っていません。
また、2019年3月15日から基本無料版が配信されました。
使用できるキャラクターはほんの一部ですが、キャラクター使用券を購入することでキャラクターを使えるようになります。
もちろん、オンライン対戦も可能ですので、ちょっと気になっている方も参入するにはとても良いタイミングだと思います。

魅力的なキャラクターの数々

さらに、このゲームの特徴の一つが、露出の高い魅力的な女性キャラクターの数々になっています。
このあたりが、他の格闘ゲーマーからも敬遠されてしまう要素でもあるかもしれません。
キャラクターゲームとしての位置づけも高いため、格闘ゲームプレイヤー以外にも参入しやすい点があります。

また派生した別のゲームも存在しますので、キャラクター愛に溢れるユーザーはそういったゲームにも手を出してみてはいかがでしょうか?



様々な格闘スタイルのキャラがいます



コスチュームもキャラクターによって様々です



男性キャラクターもイケメンが多いです

評価が低いゲーム??

「やってみようかな?」と思ってAmazonを見ると評価が低い…
「なんだ、面白くないのか」と思う方も多いことでしょう。

なぜ発売間もないこのゲームがここまで低評価がつけられているのでしょうか?

コスチューム設計図の仕様と早すぎた基本無料版の配信

発売間もなく、ネット上で話題になったのはキャラクターのコスチュームの取得方法についてでした。

DOAシリーズには女性キャラクターも含めて魅力的なキャラクターが多数存在しています。
さらにそのキャラクターに合わせた様々な衣装があって、自分のお気に入りのコスチュームをセットしてプレイするユーザーがほとんどです。

そのコスチュームについて、従来は使用したキャラクターのものが徐々に取得されていくというシステムだったそうです。
ユーザーとしても自分のお気に入りのキャラクターのコスチュームがどんどん取得されていくわけですから、ユーザーとしてもそれで十分なものでした。

しかし、DOA6になりコスチュームを取得するポイントが、使用しているキャラクターとは関係なくランダムで取得する形になりました。

どんなにお気に入りのキャラクターを使っていても、出てくるコスチュームのポイントはランダムで、いつまでたっても自分の使用しているキャラクターのコスチュームは取得できません。

まるでガチャを回しているような感覚です。

これに不満を持ったユーザーがそのシステムに対してクレームの声をあげた形となりゲームの評価として反映されたのです。

※コスチュームの設計図の仕様はアップデートによって改善しています。
現在は使用しているキャラのものから取得できるようになっているようです。

さらに、2019年3月15日から基本無料版が配信されました。
この基本無料版の展開について知らなかったユーザーや、その配信時期が販売から早かったこともネット上で炎上しています。

ロビーマッチも未実装

バージョンアップで問題が解決されたかと思いきや、ファンの間ではオンライン対戦がランクマッチしかありません。
ロビーマッチによってフレンドとの対戦などが実現すれば、まだ新規ユーザーやトレーニングの場として活きるのではないかと、ネット上では言われています。

このロビーマッチが未実装のまま販売したことに、「未完成品を販売した」というような意見も出てきました。
本来あってほしい機能が未実装な点も不満要素として挙げられます。
ロビーマッチについては3月中に実装予定ということで公式で発表されています。

DOA6は面白いの?面白くないの?

結論から言うと、私はこのゲームはとても面白いゲームだと思っています。
初心者の自分でも読み合いや、差し合いが楽しめます。
毎回、オンライン対戦では刺激的で手に汗握る闘いが楽しめます。

ネット上の評価については、格闘ゲームとしての中身ではなく、付加価値として楽しむサービス面への不満から出ているものです。

格闘ゲームとしての完成度はとても高く評価されています。

同時に、基本無料版の配信が出たことで「ちょっと気になっている」という人にとっては大チャンスだと思っています。

プレイしてみて、対戦してみて、気になるキャラクターがいればそのキャラクターの使用権を購入するだけで低コストで遊べます。

ぜひ、この機会にDOA6をプレイしてみてはいかがでしょう?

まとめ
DEAD OR ALIVEを知らないという方も多いかと思います。
基本的には難しいコマンド入力は不要なゲームです。
ボタンを押す組み合わせで簡単にコンボが出るようなゲームになっています。
まずは基本の動きから練習して、慣れてきたら徐々に色々な要素について理解を深めていけば良いのではないでしょうか?

ぜひ、一度遊んでみてください。

それではまた。