【レインボーシックスシージ】チームキルへのペナルティについて【アップデート】

レインボーシック シージ

2019年7月25日更新
ツイッターでも通知しましたが、レインボーシックスシージでのチームキルへのペナルティが一部修正されます。

チームキルについて、2019年7月時点の仕様です。

チームキルによるペナルティ

以下の2点が実装されています。

  • 意図的なチームキルの認定
  • リバースフレンドリーファイヤー

意図的なチームキルの認定について

チームキルが発生した場合、被害者はそのキルカメラから意図的なチームキルかどうかを判断することが出来ます。

意図的なチームキルと認定された場合、もしくは時間内に認定が行われなかった場合、違反プレイヤーに対して「リバースフレンドリーファイヤー」が適用されます。

リバースフレンドリーファイヤーについて

意図的なチームキルと認定された場合、リバースフレンドリーファイヤーが適用され、違反プレイヤーが仲間や人質を打つと、そのダメージが違反プレイヤーに返ってくるようになります。
違反プレイヤーがオペレーターの固有ガジェットでダメージを与えた場合は、そのダメージはガジェットに返るようになっているようです。

チームキルを認定されてもキックはされないようになりました。

チームキルの調査は行われている

キックされないようにはなりましたが、悪質なプレイヤーを排除するために運営側でもチームキルの調査は行われています。
繰り返し違反が認められた場合、運営側でも制裁措置がとられるようになります。

データとしてもしっかり残っていますし、悪質なプレイヤーがいた場合は、ゲーム画面から通報も行うようにしていきましょう。

チームキルを避けるために

意図的なチームキルは論外として、不慮のチームキルを避けるために気を付けたいことを挙げます。

味方の射線に入らない

味方が構えている目の前を頻繁に横切っていると、敵が現れれて対抗しようとした味方の弾が当たってしまう可能性があります。
味方の射線に入らないようにし、味方の後ろを通る、立ちで構えている場合はしゃがみ移動で相手の射線を空けるように意識しましょう。

壁開け・ドローン破壊・カメラ破壊に気を付ける

防衛側であれば、防衛しやすいように壁をショットガンやインパクトグレネードで穴を空けることがあります。
その際に、壁際にいるとダメージを受けてしまう可能性があるので、味方の動きを確認しながら行動すると良いでしょう。

またドローン破壊や、カメラ破壊時にも突然味方が割って入ってくることもあります。
あるいは自分が破壊しようと前に出てしまうこともあります。
味方が見逃している場合に自分が動き、相手が壊そうとしているのであれば、自分はまた別の行動を取った方が効率もよくなります。

それでもチームキルをされた場合

大前提として、この記事を読んでくださった方は悪意あるチームキルを行わないでください!!

自分がどんなに気を付けていても、悪意のあるユーザーと一緒になることも十分にあり得ます。
その場合は、ユーザーをUbisoft側に報告することが出来ます。

参考の画面は古い画面(しかも英語。。。)になりますが、参加者のスコアボードから、ユーザーを選択してプレイヤーを報告するということが出来るようになっています。

こういった対応でUbisoft側の裁量でアカウントが停止ということもあり得ます。
悪質な行為を見たら報告するという方法も一つです!

まとめ

サブアカウントを持っているユーザーも多いと思いますが、だからといって気晴らしに悪質な行動を取ってもいいという事にはなりません。

R6Sは残念ながら悪質な行為も目立つゲームの一つだと思います。
プレイ人口も多い分、そういう人も出てきますが、マナー良くみんなで楽しくゲームができるようにしていきたいですね。

それではまた!

過去の記事内容

以下は2018年9月にアップした記事の内容です。
記録として残しておきます。

ツイッターでは「ペナルティが実装されました♪」みたいな書き方をしてしまいましたが、もともとあるペナルティの仕組みに修正が加えられているだけのようです。

大変失礼致しました。。。

チームキルのペナルティ概要

従来のペナルティ概要

  • 1回目の場合
  • カジュアル: マッチからキック。
    ランキング: 15分のマッチ禁止、50%の名声ペナルティを30分間

  • 2回目の場合、1時間のマッチ禁止
  • 3回目の場合、2時間のマッチ禁止
  • 4回目の場合、24時間のマッチ禁止
  • 5回目の場合、7日間のマッチ禁止

新しいペナルティ概要

  • 1回目の場合、30分のマッチ禁止
  • 2回目の場合、1時間のマッチ禁止
  • 3回目の場合、2時間のマッチ禁止
  • 4回目の場合、24時間のマッチ禁止
  • 5回目の場合、7日間のマッチ禁止

どうやらカジュアル戦のみの修正のような記述が見受けられます。ランキングでは自動でキックされた時点でマッチを途中抜けになるのでペナルティが発生するからとのことです。

チームキルによるマッチ除外(キック)の判定条件

2回チームキルをするとマッチから除外(キック)されるというのが主な認識で大丈夫のようです。

ただ、細かな裁量はUbisoftの裁量で決定されているようで、明確なルールについての記載は公式サイトを漁っても見つける事は出来ませんでした。。。

ただ、チームキルが複数続く場合は、最終的には永久的にアカウントの停止が行われるようです。