【レインボーシックス シージ】バランス調整【Y3S2.2】

R6S

一部のオペレーターでバランス調整が発表されました。
今後のアップデートで適用されていくかと思われます。

レインボーシックスシージでのバランス調整はプロリーグの状況やピック率から程よく調整が行われています。

今回はその調整内容について簡単にまとめました。


  • FINKA(フィンカ)
  • IQ(アイキュー)
  • BLACKBEARD(ブラックビアード)
  • GLAZ(グラズ)
  • TWITCH(トゥイッチ)
  • JACKAL(ジャッカル)
  • FROST(フロスト)
  • DOKKAEBI(トッケビ)
  • 有刺鉄線
  • まとめ

FINKA(フィンカ)


アドレナリンブーストの持続時間が短くなりましたが、スモークのガスグレネードのダメージ量が減るなどのバランス調整が行われています。

  • ガジェットの持続時間を20秒から10秒に減らす
  • スタングレネードからフラグ・グレネードに変更
  • スモークのガスグレネードのダメージ量が減少

持続時間が短いことで突撃時に使いつつも、スモークグレネードのダメージ量減少により。そこまでの致命傷にならない可能性が高くなりました。

IQ(アイキュー)


IQは武器の選択肢が強力であることと、ガジェットが活用する機会が増えてきたことによって、多少の弱体化がされています。
IQは今後また変更が行われる可能性が高いようです。

  • フラググレネードからクレイモアに変更
  • 電子デバイスの検出距離が20mから15mに削減

オペレーターが増えたことでガジェットがチェックできるIQの活躍の場は増えてきていると思います。
今後の修正によってバランスが良くなることを期待します。

BLACKBEARD(ブラックビアード)


ブラックビアードはバランスが良いオペレーターとなっていますので大きな変更点はありません。
武器のピックが偏っているため、武器の攻撃力の調整が入りました。
これによって武器の選択肢が広がることが期待されます。

  • MK17のダメージを42から49へ増加
  • SR-25のダメージを72から61に減らす
  • ライフシールドの耐久値を60から50に減らす
  • ライフシールドが装備されている場合、移動速度のペナルティが30%に減少

弱体化のような印象がある修正ですが、個人的には十分に強いオペレーターだと思います。
強いプレイヤーが使えば脅威にもなりますし、どのマップ・オペレーターとも良い意味で相性に差が無いかなと思います。

GLAZ(グラズ)


プロリーグでも活躍するオペレーターですが、なかなか強力ということで弱体化されています。

  • OTS-03のダメージ量が85から71に減少

TWITCH(トゥイッチ)


ピック率が高いオペレーターですが、他のオペレーターへの選択肢が増えるようにマイナーチェンジが行われています。

  • FAMASのダメージが40から37に減少

今回の修正だけでは弱体化といえるような変更ではないです。
今後どういう調整が入るかが注目です。

JACKAL(ジャッカル)


ピック率が低く、他のオペレーターに比べて弱いために多少の強化が行われています。

  • スキャニングの距離が5mから8m

いまいちまだパッとしないなという印象です。
スキャニングを効果的に活用できるように使い込めば今回の変更も活きるのかもしれません。

FROST(フロスト)


フロストは強化されています。
ダメージ量が増加しているので、撃ち勝てる場面も増えてきそうです。

  • SMGのダメージを43から45に増加
  • Super90(ショットガン)のダメージを32から35に増加

個人的に好んで使うオペレーターなのでメインウェポンの強化はありがたいです。
この調整によって撃ち勝てるような場面が増えることを期待しています。

DOKKAEBI(トッケビ)


サブガジェットの選択肢が変わりました。

  • クレイモアからスタングレネードに変更

マエストロの登場によってアクセスした際のカメラの幅が広がり、強力なオペレーターの一人になっています。
今後の活躍によっては弱体化も予想されるオペレーターですが、現状では弱体化の心配はなさそうです。

有刺鉄線

減速効果45%から50%に増加しました。

まとめ

アリバイとマエストロの新オペレーターについての調整は今回は行われていません。
ジャッカルについてはもう少し強化されても良いのかなと思います。

今後のアップデート情報にも注目です。

タチャンカ…